お酒が好きな人は要注意!肝臓がんになりやすい人の特徴

男女

女性の特有の癌

男女

卵巣がんは女性特有の癌ですが、自覚症状があまりないことから発見された段階で進行していることが考えられます。初期症状としては腹部の膨満感やトイレが近くなること、しこりに触れるなどがありますので、日頃からチェックするようにしましょう。

詳細

方法について

女医

免疫沈降は抗原が含まれている溶液を利用して、抗体複合体を形成する方法です。ビーズに固相化させることで抗体複合体を取り出すことができます。具体的な方法について調べてみましょう。

詳細

無自覚な腫瘍の一つ

ナース

髄膜腫とは、脳を被っている膜の細胞から発生し、徐々に脳を外側から押すように大きくなっていく腫瘍のことです。小さいうちには自覚症状がなく人間ドッグで発見されることも多い病気の一つです。経過を見ながら手術を行うかどうかを決めていきます。

詳細

お酒が招く病気

診察

肝機能を維持するために

肝臓は沈黙の臓器だと言われていますが、日常生活の改善で病状の悪化を未然に防ぐことが出来ます。カロリーの摂取が増えてしまうと脂肪肝になってしまい、そこから肝炎に進行してしまうことがあります。肝炎を放置しておくと肝硬変になり、肝硬変はやがて肝臓がんになってしまいます。肝臓がんの治療は進歩を遂げていますが、大切なことは肝炎の段階でストップをかけることです。定期的な血液検査をすることで、肝臓の悪化を見抜くことが出来ます。カロリーを抑えた食事を心掛けることはもちろんですが、アルコールの量を少なくすることが効果的です。毎日お酒を飲んでいるのであれば、休肝日を設けて肝臓を休ませてあげることが一番です。肝臓は再生する臓器ですが、労ってあげることが重要です。

知らないうちに感染

そして、肝臓がんと密接な関係があるのが肝炎感染だと言われています。輸血や性交渉で感染するリスクもありますし、細心の注意が必要です。特に性交渉の場合、出血を伴うことがあるので避妊具を着用するのが理想的です。肝臓がんと診断されると、まずは手術が選択肢になります。開腹手術が一般的ですが、近年は下腹部に小さな穴を開けてダメージを最小限に抑える手術方法があります。抗がん剤や放射線治療を組み合わせることで、五年生存率は格段に良くなっています。肝臓がんは再発しやすいがんですので、治療を終えても通院で経過を観察することが大切です。エコーやCTで検査をすることで、再発を早めに見付けることが出来ます。肝臓がんに対するアプローチ方法は、どんどん増えています。