お酒が好きな人は要注意!肝臓がんになりやすい人の特徴

女の人

女性の特有の癌

男女

自覚症状がない癌

女性の癌の中で初期症状がほとんどない癌である卵巣がんは、子宮の両脇にある卵巣で発生する癌のことを言います。卵巣がんは発生する場所によって上皮性・胚細胞性・性索間質性に分けられますが、90%以上が上皮性の癌と言われているのです。また、悪性度が低いのも特徴であり、境界悪性腫瘍と呼ばれる場合もあります。卵巣がんは癌ができたとしてもほとんど症状を自覚することがありません。ただし、下腹部にしこりがあることや圧迫感がある、膀胱が圧迫されることで尿が近くなるなどの症状は自覚することがあるようです。これらを自覚した場合にはすでに癌が進行している可能性が高く、そのまま大きくなってしまうと転移することもあります。卵巣がんの場合は、腹腔内の臓器に細胞が広がった播種という転移が中心になります。

初期の段階で気付く方法

卵巣がんにかかる人の割合として、40歳代から増加傾向にあり、50歳代〜60歳代がピークと言われています。卵巣がんは症状が自覚しにく癌であることから、受診が遅れがちになることも多く、サイレントキラーとも呼ばれています。しかし、自覚症状がないとは言え、少なからず体はサインを出しているので、それに気付くことも大切になってきます。まず、腹部の膨満感があったり、腹部の周囲サイズが大きくなったと感じることがある場合です。体重が増加しただけの可能性はもちろんありますが、腹部だけが太くなったと感じる場合は注意が必要です。また、骨盤や腹部に痛みあることや食事の摂取量が減少したり、満腹感を得るのが早くなったと感じることもサインの一つです。また、膀胱が圧迫されることからトイレが近くなったりすることも卵巣がんの可能性があります。トイレが近くなるだけではなく排尿困難になった場合にも可能性がありますので、気になることがあったらすぐに受診するようにしましょう。