お酒が好きな人は要注意!肝臓がんになりやすい人の特徴

女の人

無自覚な腫瘍の一つ

ナース

女性に多い腫瘍

髄膜腫というのは、脳を被っている膜の細胞から発生し、徐々に脳を外側から押すように大きくなっていきます。脳腫瘍の中でもかなり頻度の高い症状であり、女性に多い主要とも言われています。ほとんどは良性であり、小さい腫瘍の場合には無症状のことが多いようです。しかし、腫瘍が大きくなっていくと脳や神経を圧迫していきますので、様々な症状が出てきてしまいます。腫瘍が発生した場所により異なりますが、手足の運動障害や手足の感覚障害、視野障害や聴力障害などが挙げられます。また、腫瘍が大きくなると頭痛や嘔吐、目がぼやける、意識が薄れるなどの症状が出てくることもありますので注意が必要です。人間ドッグなどで髄膜腫が偶然見つかることも多く、無症状の場合も多い腫瘍の一つです。

治療方法とは

髄膜腫の場合は小さい腫瘍で症状がない段階であれば、外来でMRIを撮りながら経過観察をしていきます。その過程の中で大きくなる傾向が見えてきたり、症状が重くなる可能性があれば手術を検討する必要が出てくるでしょう。大きなものですでに症状がある場合には、手術による摘出が基本となります。腫瘍とその周りで脳を被っている膜、場合によっては頭蓋骨の一部を取り去らなくてはいけません。血管や神経を巻き込んでしまっている場合には、収容の大部分を切除した後に放射線治療を行うことがあります。手術的には高度なテクニックが要求される為、まずは経過を見てから判断されるようです。髄膜腫は自覚症状がない段階で発見されることもある病気ですが、人間ドッグなどを定期的に受けることで早期に発見することができます。