お酒が好きな人は要注意!肝臓がんになりやすい人の特徴

女の人

方法について

女医

免疫沈降とは抗体を抗原が含まれている溶液に添加して、溶液中で抗体複合体を形成する方法です。ビーズに固相化した一次抗体のグロブリンに対する二次抗体を添加することで、抗体複合体をビーズに吸着させます。最後にビーズを洗浄して、抗体を溶出するのです。溶出には酸やSDSを用います。適当な抗体がない場合には、遺伝子組み換え操作でタンパク質にヒスチジンタグをつけて免疫沈降を行うのです。抗原を効率よく沈降するには、モノクローナル抗体やポリクローナル抗体を用います。基本的に二次抗体に対して一次抗体が多い場合は、中々うまくいかないことがあるので注意しましょう。また、回収率も低下する可能性が高まるので注意が必要になってきます。ポリクローナル抗体を使う場合は、量比を変えることで最適条件を探さなければなりません。これは、上記でも説明したように一次抗体の濃度が高いと、多分子複合体の形成が十分に行えなくなるからです。また、固定化するために使うビーズも磁気ビーズやアガロースビーズがあります。アガロースビーズは構造が網目状になっているため、ビーズの内部に抗体を結合させることが可能です。その為、タンパク質の結合容量が大きくなります。また、磁気ビーズは構造が単純なので、免疫沈降の実験が短時間で行えるのです。操作が簡単なのが特徴と言えるでしょう。反面結合容量が不足する場合もあるので、アガロースビーズに比べると少し高価になります。免疫沈降に用いるビーズとして、磁気アガロースビーズが適していると言えるでしょう。